コンブチャをキッチンで育ててみよう

By: Ed Summers

アメリカなど海外でも人気が高いコンブチャは、日本の家庭で、普通にキッチンでも育てることができます。市販をされているコンブチャのドリンクを購入することもできますが、菌株が入手できるのであれば、自宅で育てることができます。

コンブチャを育てるために用意をするのは、紅茶キノコの菌株少々と、紅茶のティーパックに、白い砂糖です。容器が必要となりますので、沸騰消毒か、もしくはアルコール消毒をした便を用意します。手軽に用意できたとしてもも、プラスチックの容器は使用はしません。なぜならば、発酵をして酢酸を含むので、プラスチックの素材では溶けてしまうためです。紅茶は、オーガニックを使うといいです。

コンブチャの作り方は、紅茶を入れて砂糖を溶かします。熱が高いままでは菌は生きていられませんので、温度を30度より低くなるまで待ちます。ガラスの容器に移して、紅茶キノコの菌株も入れて蓋をします。蓋といっても密封はしないので、ペーパーナプキンやキッチンペーパー、ティッシュなどを使って瓶の上にかぶせます。そのままだと外れてしまうので、輪ゴムを使用して止めます。こうすることで空気に触れることができますので、酸素を活かすことができます。

そのまま常温で保管をして、数日経過したら表面に、薄い膜が貼るようになります。砂糖の糖分も抜けていき、酸味がだんだんと出てきますので、完成に近づきます。コンブチャの完成までには、およそ7日から14日ほどの日数を必要とします。季節が暑い夏のシーズンであれば、1週間もかからないうちに発酵が進みますので、注意深くチェックをしましょう。

コンブチャを育てるときのポイントとしても、夏のシーズンは成長が早いということを頭に置いておきましょう。夏に作るコンブチャは、酸味が少ないのも特徴であり、仕上がりは発泡をしています。反対に冬場は、コンブチャの成長はゆっくりになって、発泡も少ないですし、酸味は強くなります。

内側と外側からの美肌を手に入れられる為に取り入れた事

By: Iqbal Osman

妊娠出産をし、そのあたりから急激に肌のハリツヤがなくなってきました。初めは疲れているから仕方ない、身体を休めればまたすぐに改善するだろうとのんきにかまえていたのですが…。ティーゾーンはベタベタ、口の周りと目の周りはカサカサと乾燥し、パウダーファンデーションを塗るとすぐに崩れてくるしほうれい線もクッキリと出始めました。

このままでは大変な事になるのではないかと、ようやく焦りはじめ色々な情報を収集し片っ端から試してみました。まずはじめにおこなったのが、内側からの改善。食事に気をつけました。ビタミンEが老化を防ぐ役割をすると知り、ゴマ(これも普通のゴマでは吸収されにくいとの事ですりおろしにしました)アボカド、アーモンド、サーモンを取り入れめした。

また便秘がちだった為に毎日ヨーグルトにオリゴ糖を混ぜていただいたり。ビタミンCの摂取も心がけたのですがこれは摂取時間に気をつけました。なんでも朝グレープフルーツなどのビタミンCのはいった食材をたべ、すぐに紫外線にあたると美白どころかしみやソバカスが出来やすくなってしまうとのことなんです。
ですので、朝食には極力ビタミンCを入れませんでした。

朝昼夜、三食キチンと食べ正しいリズムをつくり、夜は早めに就寝します。外側からのケアでは、毎日夜はしっかりとクレンジングをして汚れを落とし、化粧水の後シートタイプのパックをしながらほうれい線を伸ばす動き(口内からベロでほうれい線部分にアイロンをかけるイメージで押す)を続けました。特に高価な基礎化粧品を使用したわけではないのに、だいぶ肌は改善されプルプルとしてきました!

美容と健康に役立つことで知られるコンブチャ

By: Pictures of Money

コンブチャの香りがすると、田舎の祖父母を思い出すという人は多いですが、最近は健康と美容に高い効果があることから、若い女性の中にも積極的に飲む方が増えてきています。コンブチャとは、乾燥させたコンブを細かく刻んだり、粉末状にしたものをお湯を注いで飲むお茶のことですが、メーカーによってそれぞれ味が違うので、何種類も取り寄せ、気分に応じて使い分けることも出来ます。

ほっとするような味わいで香りも良く、ノンカフェインなので夜中に飲んでも安心なので、時間を気にすることなく飲めるのが魅力です。ただ単に飲むだけでなく、料理にコンブチャを入れると、隠し味になるので、炒め物やパスタ、チャーハンなどに入れると、ワンランク違った味になります。

なぜコンブチャが美容や健康に効果があるのかというと、カリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれているからです。カリウムには、血中の不要な塩分を排出する効果があるので、むくみを防げますし、カルシウムにはイライラを抑えて、リラックスさせる効果があります。マグネシウムには心臓の働きを正常化し、動悸や不整脈などの心臓の疾患を抑える効果を期待できます。

またコンブには、天然の食物繊維のアルギン酸が含まれているので、体に不要な物質の吸収を妨げたり、腸内に溜まった不要な老廃物を排出してくれます。腸内環境が整うと、基礎代謝がアップするので、お肌のターンオーバーが正常化して、肌が美しくなるなど、体の中から綺麗になれる効果があります。

それにアルギン酸のぬめりには、余分なコレステロールを包んで排出する効果があるので、コレステロール値を減らせますし、血行を良くして、生活習慣病を予防できます。ヨードも含まれていますから、基礎代謝をアップして、脂肪の燃焼率を高め、痩せやすい体質にしたり、悪玉コレステロールを排出させたり、細胞の成長を促す作用もあります。コンブチャほど美容や健康に役立つ飲み物はないので、まだ飲んだことがない方は店頭や通販で購入するようにしましょう。

コンブチャの健康効果

By: Kanko*

コンブチャはコンブを乾燥させ粉末状にしたものや刻んだものにお湯を注いで飲むお茶のことを言います。コンブチャには水溶性アルギニン酸、フコイダン、ヨウ素(ヨード)、EPAなどの成分が含まれています。水溶性アルギン酸は食物繊維の一種でぬめりのある成分です。

このぬめりのある成分が体内の老廃物を包み込み、排出する作用があります。余分なコレステロールを排出し、コレステロール値を減少させることができます。また、水溶性アルギン酸やフコイダンはがん細胞脳の増殖を抑える作用があります。

コンブチャに含まれるヨウ素(ヨード)は甲状性ホルモンの生成を促し、丈夫な髪を作るのを助けます。また悪玉コレステロールを減少させる働きがあります。新陳代謝を活発にし、ダイエットしやすい体になります。しかし、ヨウ素の必要摂取量は微量なので、普段の食生活が乱れていなければ、過度にとる必要はありません。逆に過剰摂取に気をつけなければなりません。特に甲状腺に疾患のある人はヨウ素の摂取が制限される場合があります。

ヨウ素はミネラル成分ですが、ヨウ素以外にも、コンブチャにはカルシウム、カリウム、マグネシウム、ケイ素、銅などのミネラルが含まれています。カフェインが含まれていないので、妊婦さんや、子どもでも安心して飲むことができます。

飲むだけでなく、料理の調味料としても使うことができます。パスタやチャーハンに入れると、いつもとは違った味わいが楽しめます。コンブチャに梅を加えたウメコンブチャという派生商品もあります。コンブチャよりもさっぱりした味わいです。

梅にはクエン酸が含まれています。クエン酸は疲労を回復させる効果があります。またクエン酸は、ドロドロ血液の原因である酸性を中和させ、弱アルカリ性にして血液をサラサラにする働きがあり、動脈硬化の予防にもなります。その他にも、梅には、抗酸化作用、糖尿病予防、食中毒予防、胃がん予防など様々な効能があります。ウメコンブチャもお茶づけにしたり、サラダにかけたりと、料理に使うことができます。

目指す美肌は日々の積み重ねコラーゲンを増やそう

By: Jirka Matousek

とあるエステ店に最近通い『美顔』を始めてみました。美顔とは、簡単に言うと顔にミスト→赤いランプ→ミスト→ランプというように光を顔に当てるものでした。赤いランプはコラーゲンを増やすことができるようです。やはり、美肌になるには日々の積み重ねが大事なようです。

まず洗顔です。洗顔をする前には必ず手を洗いバイキンを洗い流すことが大切です。そして次に、化粧をしていればクレンジング。私はいつも通りに洗っているとエステの人に『強いわよ~~』と言われてしまいました。肌は繊細だから手の平で優しく洗うことがここでのポイントです。

ここでやっと洗顔です。洗顔フォームはしっかりと泡立たせます。最近では、泡洗顔が売っていてそのままプッシュすれば泡ででくるものもあると思いますが、やはり一番いいのはネットを使い自分で泡を作ること。ネットで作る泡は弾力のあるきめ細やかな泡ができるからです。

ネットで作った泡を使用し洗顔していきます。ここでクレンジングするときと一緒で優しく洗います。優しくと言っても、手の平で洗うのではなく、ネットで作った泡を使うことが大切です。基本的なことですが、改めて考えさせられました。毎日だから適当になっていた部分と、毎日だからこそ大切な美肌への一歩だったんだなと思いました。

次に、化粧品です。化粧水は、コットンを使用し顔全体になじませ少しパッティングします。乳液も同じようにしっかりと塗ります。コラーゲンは23歳から少しずつなくなっていくそうです。その少しずつは何かしら自分で増やそうとしない限りなくなってしまいます。美肌になるには日々の積み重ねが大切です。

美肌のみちは1日して成らず、1ヶ月は辛抱すべし

By: Giorgio Galeotti

私は大がつくほどの美容オタクで、テレビでいいと紹介されたものはほぼ100%試しています。こんな私が自分の経験から学んだ、美肌になるために重要なことを述べたいと思います。

まず1つ目。美肌になりたければお肌を触りすぎない!!化粧をしっかり落とそうとクレンジングをごしごし、洗顔をごしごしする人がいますが、確かにお化粧を落とすことは大事ですが、ごしごしとしたのではお肌に多大な負担がかかり、結果お肌を傷つけてしまいます。美肌になりたければ、お肌には極力触らない、クレンジングや洗顔は優しく、触れているかいないか位の力であらうようにしましょう。

2つ目。美肌は食べ物から!私は食べ物にもとても気を配っています。まず皮膚の酸化、糖化を防ぐために白い砂糖や小麦粉は極力とりません。普段は黒糖を使います。もしどうしてもたべたくなったら、まず始めに繊維質のものを食べ、それから食べるようにしたり、全粒粉を使って手作りします。また、紫外線からお肌を守るためにビタミンはとても重要で、朝は必ずフルーツから始まります。ここで要注意なのは、朝に柑橘系の果物、オレンジやレモンなどを食べると、紫外線と反応してシミになってしまうので朝はリンゴやキウイなどでビタミンを補充し、夜にレモンやオレンジを食べます。

そして最後、一番大事なのが、ストレスをためないこと!!これは私の経験からなのですが、結局のところ、何をしてもストレスまみれだと結果は半減してしまいます。逆に多少、暴飲暴食しようが、ストレスなくいつも笑顔だと、なぜかお肌の調子もいいのです。私はいつも笑顔!これが一番の美肌の秘訣だと思います。