美肌のみちは1日して成らず、1ヶ月は辛抱すべし

By: Giorgio Galeotti

私は大がつくほどの美容オタクで、テレビでいいと紹介されたものはほぼ100%試しています。こんな私が自分の経験から学んだ、美肌になるために重要なことを述べたいと思います。

まず1つ目。美肌になりたければお肌を触りすぎない!!化粧をしっかり落とそうとクレンジングをごしごし、洗顔をごしごしする人がいますが、確かにお化粧を落とすことは大事ですが、ごしごしとしたのではお肌に多大な負担がかかり、結果お肌を傷つけてしまいます。美肌になりたければ、お肌には極力触らない、クレンジングや洗顔は優しく、触れているかいないか位の力であらうようにしましょう。

2つ目。美肌は食べ物から!私は食べ物にもとても気を配っています。まず皮膚の酸化、糖化を防ぐために白い砂糖や小麦粉は極力とりません。普段は黒糖を使います。もしどうしてもたべたくなったら、まず始めに繊維質のものを食べ、それから食べるようにしたり、全粒粉を使って手作りします。また、紫外線からお肌を守るためにビタミンはとても重要で、朝は必ずフルーツから始まります。ここで要注意なのは、朝に柑橘系の果物、オレンジやレモンなどを食べると、紫外線と反応してシミになってしまうので朝はリンゴやキウイなどでビタミンを補充し、夜にレモンやオレンジを食べます。

そして最後、一番大事なのが、ストレスをためないこと!!これは私の経験からなのですが、結局のところ、何をしてもストレスまみれだと結果は半減してしまいます。逆に多少、暴飲暴食しようが、ストレスなくいつも笑顔だと、なぜかお肌の調子もいいのです。私はいつも笑顔!これが一番の美肌の秘訣だと思います。

コメントを残す